お役立ち情報 2022.11.01

証券会社はブラック企業!?ホワイト企業を見極める方法を徹底解説

TOPBlog証券会社はブラック企業!?ホワイト企業を見極める方法を徹底解説

証券会社はブラック企業!?
ホワイト企業を見極める方法を徹底解説


証券会社は「ブラックだ」「やめとけ」と見聞きして不安になることがありませんか。

よく目にするブラックなエピソードは、以下のような極めてマイナスな情報でしょう。
・捌ききれない程のノルマを達成できず、激しく叱責された
・残業や休日出勤が多くてプライベートの時間がない
・社内の人間関係が悪くてギスギスしている
・強制飲み会や度を越した根性論等、体育会系でパワハラが横行している
・ストレス過多で体を壊してしまった

上記のようなエピソードは、マイナス面のみを切り取った一部にすぎません。
「悪事千里を走る」ということわざがあるように、悪い噂の部分だけ早く広まるのに対し、良い噂はなかなか浸透しません。

また、このような会社ばかりでは証券業界自体がすでに成り立たなくなっていると思いませんか。
つまり、全部の証券会社がブラックではないのです。

この記事では証券会社がブラックだと言われる要素とホワイト企業を見極めるポイントを紹介します。

ブラックだと言われるイメージ


前述のエピソードのように、証券会社がブラックだと言われているイメージは多々あります。

一般的に証券会社がブラックだと言われる要素
ブラックと言われる要素は、以下の3つに分けられます。
・ノルマがきつい
・残業が多い
・ストレスを抱えやすい

それぞれ見ていきましょう。

ノルマがきつい
ノルマがあることは悪いことではありません。
適正なノルマは成長の糧になりますし、企業にとって利益を得るための利点が多くあります。
しかし高すぎるノルマ設定は達成が難しく、ストレスを抱える原因の1つです。
また、ノルマが達成できなかった際の周りの反応が厳しいだけだと、ノルマがきついと感じます。

残業が多い
証券会社の営業方法の一つに、個人を対象としたリテール営業があります。
個々の顧客それぞれに合ったプランを練り、納得してもらって資産運用をしていただくには、努力と忍耐が欠かせません。
そういった業務をこなすために、例えば、時間外や休日の営業もしなければノルマが達成できない、
また、営業活動以外に情報収集や分析、書類作成や打ち合わせの他、事務処理等まで行わないといけないといったイメージがあります。

ストレスを抱えやすい
証券会社の営業員は顧客の保護と信用の向上を図ること、営業活動を適正に行うことが強く求められており、
重大な社会的責任を負っています。そういったことが時には精神的なストレスになる場面があります。
そのような場面で、社内の人間関係が悪く適切なフォローやフィードバックが受けられない、あるいはリフレッシュできる環境がない場合はストレスがたまる一方です。

全ての証券会社がブラックではない
悪いイメージが目立ってしまっているだけで、全ての証券会社がブラックではありません。
厚生労働省が行った調査では、金融業・保険業の離職率は9.3%でした。

(厚生労働省 「令和3年雇用動向調査結果の概要」2 産業別の入職と離職:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/22-2/dl/kekka_gaiyo-02.pdf
9.3%の離職率は調査された16の産業中、4番目の低さです。
証券業界が突出してブラックではないことがわかりますね。

また、証券会社にもワークライフバランスを大切にしている、ホワイトな企業もあります。
廣田証券はワークライフバランスを大切に考え、「無理をしない営業」
https://hirota-sec-recruit.com/works/)を展開している会社です。
成績や成果はもちろん大切ですが、ノルマを緩やかにすることで「お客様本位」の実現に取り組んでいます。

次章では、ホワイト企業の特徴と見極めるポイントを見てみましょう。

ホワイト企業に就職する方法と見極めポイント


ホワイト企業の特徴は3つあり、見極めのポイントは2つです。

ホワイト企業の特徴
ホワイト企業には、「福利厚生」「定着率」「人間関係」の3つの良い特徴があります。

福利厚生が充実している
社員が働きやすいように工夫し、時代に合わせてアップデートしている会社は安心です。
廣田証券では、社員一人ひとりが働きやすく「ワクワク」できる環境を考えて、充実した福利厚生を用意しています。

定着率が高い
定着率が高い(平均勤続年数が長い)と、働きやすい環境であることがうかがえます。
廣田証券の平均勤続年数は15年以上です。(2022年3月時点)

人間関係が良好
人間関係が良好な会社は、協力やフォローによって良い成果や挑戦、成長に繋がり、良い循環が途切れません。
廣田証券は慰安会や慰安旅行・BBQなど、様々なイベントを企画して社員同士の交流を深めたり、アート・文化鑑賞などの機会を設けて見識を深めたりしています。

尚、廣田証券の職場環境はこちら(https://hirota-sec-recruit.com/environment/)をご覧ください。

ホワイト企業に就職するための見極めポイント
ホワイト企業に就職するためには、以下の2つのポイントが重要です。
・採用サイトをしっかりと見る
・説明会に参加して実際の雰囲気を知る

採用サイトとは、企業サイトとは別に独立した採用専用のサイトです。
大手ナビサイト等にはない詳しい情報が掲載されており、就職後についてイメージができます。

百聞は一見に如かずということわざがあるように、自分の目で職場の雰囲気を見ることも大切です。
ミスマッチを防ぐためにも、この2つのポイントを押さえましょう。

まとめ


この記事では、証券会社がブラックと言われる理由やホワイト企業を見極めるポイントを紹介しました。

ブラックと言われる要素は3つです。
・ノルマがきつい
・残業が多い
・ストレスを抱えやすい

ホワイト企業の特徴は3つあります。
・福利厚生が充実している
・定着率が高い(平均勤続年数が長い)
・人間関係が良好

ホワイト企業を見極め、就職するためのポイントは以下が大切です。
・採用サイトをしっかり見る
・説明会に参加して実際の雰囲気を知る

廣田証券は福利厚生に注力し、定着率も高く、社内の雰囲気が明るい会社です。
廣田証券で、ユニークな発想でチャレンジし、一緒に「ワクワク」しませんか。
ぜひあなたのエントリーをお待ちしています。

ワク
超える

Entry